家庭用脱毛器ではダメな理由

家庭用の脱毛器がダメ?

最近は家庭用の脱毛器も増えてきましたね。
その中でもIPL方式を取り入れた、かなり専門的な機種も出てきています。
一度、機械を購入したらそれを使い続けたらいいわけですし、自分でできる時に脱毛すればいいので、エステに通う必要はないのでは?と思っている方もいらっしゃると思います。
実際には得ステで受けるのと、家庭用の脱毛器を使うのとでは、どのような差があるのでしょうか?

 

一般的にはやはり、エステサロンのほうが確実に脱毛ができるそうです。
その理由はやはり「市販の脱毛器とエステサロンでの脱毛器では照射パワーが全く違う」という点があるのです。

 

そのために、確かに家庭用では脱毛はできるのですが、繰り返し使う事で永久脱毛ができるのか?というとまた違う話のようです。
また、施術に必要なカートリッジの消耗も激しく、思っている以上に雑費がかかるのが家庭用の脱毛器なんだそうですよ。

 

また、家庭用脱毛器で脱毛するにはどうしても素人がするしかありません。しかりエステサロンでは肌の状態を見極めつつ施術をしてもらえるので、トラブルがないのです。
家庭用の場合はちょっとした間違いから、肌が焼けどしてしまった、という可能性もゼロではありません。
やはり、脱毛はエステでプロの手で、というのが結論だと思います。